シーメンスPLMソフトウェア

1枚でわかる!
競争力の高い生産・工作機械製品の開発は
いったい何が違うのか

250年前、ヨーロッパのエンジニアがテクノロジーを発明し、機械を製作したときから産業革命が始まりました。それ以来、生産・工作機械製品は、経済の劇的な発展と世界の変革を支えるために使用されてきました。最近では、Fraunhofer Instituteとドイツ政府によるIndustrie 4.0の導入といったできごとが、生産機械や工作機械を含む産業機械業界全体の巨大な可能性を示しています。
生産・工作機械メーカーの場合、製品関連情報の効率的な作成、伝達、管理は重要であり、それによって、俊敏性の向上や効率性アップ、さらには新規ビジネスへの取り組みと実現が可能となります。
以下に、業界の動向をまとめました。また、最後に、そのような業界動向や課題に対し、どのように対応したらよいかについての技術白書を提供していますので、ぜひ、ご確認ください。

市場背景

「生産・工作機械設計を取り巻く環境は、すべてが複雑化しています」

開発のペースが早く絶え間なく続くため、研究開発(R&D)の最前線に立ち続ける必要があります。成功のためには、効率を改善し、顧客を中心として、ビジネスを勝ち取るための新しい手段が必要です。低コストでの製造が可能な海外からの新しい競争相手の出現は、機械メーカーが日常的に直面する数多くの重要課題の1つに過ぎません。その他にも次のような課題があります。

より高性能な機械

より高性能な機械

機械に組込まれるソフトウェアは、1970年から
2010年までの間に、45%増加しています。 (出典: VDMA)

グローバル化によるプレッシャー

グローバル化によるプレッシャー

2020年までに約80%の製造企業が諸外国でビジネスを展開する見込み。
(現在は全体の半数あまり) ( 出展: CECIMO Magazine)

カスタマイズ機能に対する要求の増加

カスタマイズ機能に対する要求の増加

生産・工作機械業界では、カスタマイゼーションが常識となります。 グローバル化/多様化した市場、製造の分散化、グローバルに増加する中堅企業の参入などが、業界の新たな課題な課題となっています。グローバル化により、多様な機能と価格設定を必要とする地域において、多数の新規顧客が登場します。

(出典: Joint Research Council Foresight Study,
European Commission)

規制順守に対するプレッシャー

規制順守に対するプレッシャー

1年間に制定される主要な規制の平均数
(出典: NERA Economic Consulting)




突破口

「より高性能な機械が求められています」

これまでは、品質、使いやすさ、コスト競争力で先行くことが、競争優位をもたらしました。このようなことの重要性は変わりませんが、今や成功のためには十分ではありません。これからは、より効率を高め、顧客にフォーカスして価値を創造し、競合を退けるための新しいビジネス・イニシャチブを開始・実行する必要があります。

イノベーション45% カスタマイズ機能43%

生産・工作機械メーカーに共通する第1および 第2に挙げられる事業戦略は、イノベーションおよびカスタマイゼーションによる、より高性能な機械の開発に向けられています。
(出典: Tech Clarity ‒ Best Practices for Developing
Industrial Equipment)


ソリュー ション

「バーチャル・マシンによって、先進的で高性能な機械設計/
エンジニアリングが可能になります」

ビジネスを成功へと導くには、製品および製造プロセスの情報を管理する情報テクノロジーが必要です。PLMソリューションは、個人およびコラボレートするチームをサポートして、製品およびプロセス情報の効率的な作成、再利用、コミュニケーション、管理を可能にします。結果、デジタルサイクルタイムを高速化し、市場投入期間を短縮して製品とプロセスのイノベーションを促進することができます。

市場導入期間の短縮を実現できます

市場導入期間の短縮を実現できます

• 設計プロセスチェーンの速度と効率性を向上
• 製造プロセスの再現性と効率性の確保
• 効率性の高い製造プロセス
• 高度なメカトロニクス設計による規制への順守

ライフサイクルを通じた生産効率向上を実現

ライフサイクルを通じた生産効率向上を実現

結論

複雑化する環境への対応において、バーチャル・ マシンでの設計、
開発、コミッショニングが必須となります。

製品および製造プロセス情報の巧妙で効率的な処理は、企業とそのサプライヤー、販売店、サービス代理店、顧客からなる広範なバリューネット・
ワークにおいて、あらゆる種類の活動にポジティブな影響を与えます。

PLMにより、複雑な設計プロセスと、生成される
多数の設計のサポートと調整が可能になり、複雑な製品を構築できるようになります。

業界を牽引する企業のうち

34%

が、平均的な業績の企業よりPLMを使用する可能性が高い*

* 業界を牽引する企業 対 平均的な業績の企業: 22%の増収 対 10%の増収
17%の利益幅 対 7%の利益幅

PLMプラットフォームの拡張
イノベーションをカタチに

生産・工作機械業界での多大な実績
シーメンスPLMソフトウェア

これからは、イノベーションをカタチにする段階である製造がきわめて重要な役割を果たします。製造企業は、アイデア創出、実現、そして利用と
いった各フェーズ間をデジタルに繋ぐデジタライゼーション、すなわち、完全に最適化されたデジタル・エンタープライズになる必要があります。
シーメンスPLMソフトウェアは、その支援のための経験と専門知識をご提供しています。

イノベーションをカタチに
44年

シーメンスPLMソフトウェアは、過去44年に渡って、機械エンジニアリングを牽引。

専門知識

生産・工作機械業界の包括的な専門知識、広範にわたる
リーダーシップ、比類なき推進力で、世界トップクラスの機械製造メーカーがシーメンスPLMソフトウェアを選択。

PRESENT
プレゼント

QUOカード

アンケートにお答えいただいた方には、
先着50名様に、QUOカード(1,000円分)
をプレゼントいたします。

下記のボタンをクリックして頂くと、日経BP社の「資料ダウンロード/記事閲覧サービス」のページに遷移いたします。
本資料をダウンロード頂く際は、日経ID対応サービス(日経BP社提供)にログインして頂く必要がございます。
日経IDログイン画面、ならびに新規取得(無料)のページは、「資料ダウンロード/記事閲覧サービス」の後に表示されます。